相場は?給料三か月分って本当?婚約指輪にかける予算は?

婚約指輪の相場はいくらくらい?

婚約指輪って、いくらぐらいするの?いくらぐらいの物を用意するの?
よく給料の三ヶ月分って言われますが、実際は平均はいくらくらいか気になりますよね。
一番多いのは「30万から40万円」の間です。二番目多いのが「20万から30万円」です。三番目が「10万から20万円」、四番目が「40万から50万円」と続きます。
だいたい給料の一ヶ月から二ヶ月分が相場です。
これを聞いて、ホッとした男性もいるのではないでしょうか。
一生に一度の記念になる物だからと、色々こだわって奮発する男性もいますし、一方では、あまり高価な物は申し訳ないと感じる女性もいます。
値段にこだわるのではなく、女性が本当に喜ぶ物を選ぶことが重要ですね。

婚約指輪の値段はどこで決まるの?

婚約指輪の値段は、ダイヤモンドの質、指輪のデザイン、指輪の加工技術、リングの質や素材などによって左右されます。
ダイヤモンドのグレードは、4Cと呼ばれ、ダイヤモンドの輝きを決めるCUT(カット)、無色透明なほど高いCOLOR(カラー)、ダイヤモンドに不純物や傷がないかをみるCLARITY(クラリティ)、ダイヤモンドの重さを表すCARAT(カラット)です。
カラットが大きくなると値段は高くなりますが、カラットだけでなく、ダイヤモンドの質やカット技術によって輝きが違ってくるため、4Cのグレードが高いほど、予算が必要になってきます。
指輪のデザインは有名デザイナーがデザインしたものになると、その分高くなります。
リングは素材がプラチナが人気ですが、プラチナも純度が高い物になると値段が高くなります。
良いものほど高くなり、予算オーバーになるので注意が必要です。

© Copyright Passionate Romance. All Rights Reserved.