プロポーズずる人必読!既婚者に聞く!婚約指輪での失敗談

指のサイズを確認してなくて失敗

付き合って2年になる彼女に綺麗な夜景が見える景色でプロポーズをしました。プロポーズのプレゼントには婚約指輪を準備していました。
プロポーズの結果はOKで彼女は泣いていました。そして指に指輪をはめましたが指輪のサイズが大きくしっくりはまることができませんでした。
婚約指輪は彼女には内緒で、寝てる時などに指のサイズを確認して感覚で決めたのですが、これがよくなかったようです。
彼女もしっくりはまらない指輪に少し残念そうでした。また指輪のブランドも自分で決めていたのですが彼女は一緒に指輪のブランドとかも決めたかったと言っており、少し気まずい雰囲気になりました。ですのでプロポーズのプレゼントに自分でサイズやブランドも決めた婚約指輪を贈ったことに後悔しています。

指輪のデザインが自分好みのものを贈って失敗

前々から彼女へ贈る指輪にはダイヤが大きいものがいいだろう、彼女もきっと喜んでくれるだろうと思っていました。
ですので彼女には内緒で、頑張って奮発して高額なダイヤの大きい指輪を購入しました。そして彼女にプロポーズをして指輪を渡しました。その際彼女に一言「ごつい」と言われてしまいました。そして「こんな大きいダイヤだとお金もかかったでしょう。なぜ私に相談してくれなかったの?」とも言われてしまいました。彼女は節約志向が高いので、もっと金額を抑えて余ったお金は将来用の貯金に回してほしかったのでしょう。
私自身勝手に高額な大きいダイヤの指輪を贈れば絶対喜んでくれるだろうと思っていたのですが、相談しながら購入しておけばよかったと後悔しています。

© Copyright Passionate Romance. All Rights Reserved.